FC2ブログ
 

猛禽第二書庫

□ スポーツ □

われ敗れたり コンピューター棋戦のすべてを語る 感想

この本には3つの顔がある。
副題にある通り、棋士と将棋ソフト、人と機械の歴史的対決の舞台裏を明かすノンフィクション。
人類最高の天才ですら30分かかる問題を1秒で解くコンピューターを倒すため人間側が知恵を絞るSF的面白さ。
そして最後に将棋に生涯を捧げたかつての名人が「自分の将棋」では勝てないことを認め
「コンピューターに勝つための将棋」を編み出して決戦に挑む決闘劇としての顔。
その姿勢、その心意気には熱くならずにはいられない。素晴らしい本との出会いでした。
関連記事

*    *    *

Information